住宅ローン借り換え審査のために銀行に相談しよう!

住宅ローンを組んだ時に審査を受けたとように、借り換えでも審査があります。
この審査基準は金融機関によって異なっていますので、明確な審査合格基準ははっきりしていないそうですが、年収だけが、その運命を左右するのではないのです。
また、借り換えのほうが、普通の住宅ローンより厳しいと聞いています。
借り換えは、支払いに苦しくなって、する人もいるからだそうです。
審査項目は、色々ありまして、年収の他に、契約者の年齢や、健康状態、扶養家族、ボーナス、勤続年数や会社の経営状態が基準に加わると聞きます。
借り換えのための住宅ローンの審査を行う前に、銀行側が、個人情報を調べる何社かの情報組織について、教えてくれるところもあります。
そこの自分の情報を調べて、解決できる問題を解決してから、審査申し込みをすることが肝心です。
その情報で、一番多い問題は、クレジットカードです。
クレジットカードの利用できる額面は、借金できる額面と見られ、年収から引いて、所得と考えるのです。
私は、150万円まで、OKのクレジットカードも持っており、3枚で締めて300万円分の利用可能額になりますので、年収が700万円あっても、400万円としか見られません。
さらに自動車をローンで購入しているのも、そうです。
借入金は、全て年収から差し引かれますので、相当低い年収になってしまいます。
だから、慌てて、クレジットカードを全て解約し、できれば、自動車のローンも支払えるなら、支払ってしまいたいものです。
年収に余裕があれば、カードを解約しなくても大丈夫なのでしょうが、支払いにおいて遅れたりすることも審査の良くないチェックになってしまいます。
1年すれば、新規になるそうなので、ローンを申し込む1年前にそれらをきれいにしておくのがいいと教えてもらったことがあります。
加えて住宅の資産価値が下落している場合には、借り換えできないこともあるそうですので、金融機関によっては、借り安さも違うといいますし、情報収集が重要ですね。
できれば、借り換えを考えている場合には住宅ローン借り換え比較サイトで調べたり資料請求などをしっかり行い、疑問点があれば、必ず問い合わせ、借入ができるかどうかを明確にしなければなりませんね。
私は、ひとつの銀行に絞らず、相談をしてみようと思います。
仮審査をしてもらうことで、可能性が解りますので、駄目なときは、何を解決すべきなのかを調べ、自分の信用度を見つめ直し、再度チャレンジすることにします。
くじけてはいけません。

住宅ローン借り換え相談のリンク集

住宅ローン借り換え相談こちら!審査甘い銀行は?【金利安い】
ニュースにもなったことで多くの方がご存知だと思いますが2015年年明け早々フラット35の金利が史上最低を更新しました。これだけ金利が低くなると借り換えはかなり現実的な選択となります。住宅ローン借り換えを今行うことでかなりの節約効果が期待できるからです。とはいっても、新しく住宅ローンを借り入れるのはなかなか難しい問題であることは間違いありません。まずは、こういったサイトで住宅ローン借り換え相談をしてみてはいかがでしょうか?http://www.homeloankarikaesoudan.com/