住宅ローン借り換え審査のために銀行に相談しよう!

住宅ローンを組んだ時に審査を受けたとように、借り換えでも審査があります。
この審査基準は金融機関によって異なっていますので、明確な審査合格基準ははっきりしていないそうですが、年収だけが、その運命を左右するのではないのです。
また、借り換えのほうが、普通の住宅ローンより厳しいと聞いています。
借り換えは、支払いに苦しくなって、する人もいるからだそうです。
審査項目は、色々ありまして、年収の他に、契約者の年齢や、健康状態、扶養家族、ボーナス、勤続年数や会社の経営状態が基準に加わると聞きます。
借り換えのための住宅ローンの審査を行う前に、銀行側が、個人情報を調べる何社かの情報組織について、教えてくれるところもあります。
そこの自分の情報を調べて、解決できる問題を解決してから、審査申し込みをすることが肝心です。
その情報で、一番多い問題は、クレジットカードです。
クレジットカードの利用できる額面は、借金できる額面と見られ、年収から引いて、所得と考えるのです。
私は、150万円まで、OKのクレジットカードも持っており、3枚で締めて300万円分の利用可能額になりますので、年収が700万円あっても、400万円としか見られません。
さらに自動車をローンで購入しているのも、そうです。
借入金は、全て年収から差し引かれますので、相当低い年収になってしまいます。
だから、慌てて、クレジットカードを全て解約し、できれば、自動車のローンも支払えるなら、支払ってしまいたいものです。
年収に余裕があれば、カードを解約しなくても大丈夫なのでしょうが、支払いにおいて遅れたりすることも審査の良くないチェックになってしまいます。
1年すれば、新規になるそうなので、ローンを申し込む1年前にそれらをきれいにしておくのがいいと教えてもらったことがあります。
加えて住宅の資産価値が下落している場合には、借り換えできないこともあるそうですので、金融機関によっては、借り安さも違うといいますし、情報収集が重要ですね。
できれば、借り換えを考えている場合には住宅ローン借り換え比較サイトで調べたり資料請求などをしっかり行い、疑問点があれば、必ず問い合わせ、借入ができるかどうかを明確にしなければなりませんね。
私は、ひとつの銀行に絞らず、相談をしてみようと思います。
仮審査をしてもらうことで、可能性が解りますので、駄目なときは、何を解決すべきなのかを調べ、自分の信用度を見つめ直し、再度チャレンジすることにします。
くじけてはいけません。

住宅ローン借り換え相談する前に

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士がやってくれますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関側が指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは銀行機関ごとに違うので確認してください。

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断をする人もいます。

住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置しようという人もいるようです。

実は借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になる計算です。

よく借り換えでオススメされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるというケースです。

金利が1%から2%低く設定されていることが多いので一見お得に感じますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利なら金利変動リスクの心配はありません。

多くの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわかりわからず半年から行っている場合もあるようですが、例えば、フラット35の借り換え融資を利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なくできている方という項目があり、他の銀行機関もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料がかかったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済を続けた後に検討しましょう。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際には何点か注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと確認することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは現在とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な登記などの諸費用を再度支払う必要が出てきます。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分に合ったローン選びをする必要があります。

今のローンよりも金利の低いローンへ変更する住宅ローン借り換えですが、手続きに際して必要なものが多いです。

提出書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先・役所で取得する書類は用意しやすいですが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合はもっと多くの書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは利用できるの?」という内容です。

結論から言えば条件に合っていれば可能です。

銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫して借りられないこともあります。

当然ですが、自動車ローンをキチンと返済していないと他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、不動産業者側から現在残っている自動車ローンを提案してくる不動産業者もいますが違法な方法なので注意してください。

月々のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを考えることがあります。

では、その場合、今契約している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える時は別の保険に加入することも継続することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、保険金額が適切な金額で設定されている必要があるからです。

火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤が原因でローンと賃貸料の二重支払いになってきつい、金利が低くなったから借り換えをして支払額を少しでも抑えようと思ったときです。

なぜ借り換えが出来ないかというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品は見つからないと思います。

他にも離婚で別居する際なども同じことが言えます。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を支払わなかった人もいるかもしれませんが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

そういったときに返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

よく「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている人もたまにいますが場合によっては審査に落ちることもあります。

例えば、借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額で借入れできないことや住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

年収や職場が変わらなくてもこういった面で引っかかることがあります。

家計を圧迫する住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは消費者ローンの借り換えとは違い登記などで様々な費用がかかってしまうので、費用を入れて計算したら逆に損してしまうということもあります。

シミュレーション時に変更するメリットがあるかを考えてから行いましょう。

借り換えをする際の基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収を越した時です。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えをしたことがありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

ここでは、借り換えを行う際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行のHPにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総支払額を確認してみましょう。

シミュレーション後は借入銀行選びです。

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンが生活費を圧迫しているという人の中には住宅ローン借り換えをして減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

もし借り換えを行う場合は、新しい住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

具体的に考えてみましょう。

ひとつ目は保証料がかからないことです。

ひとつは保証料が必要ないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」と言われています。

例えば3000万円を30年ローンで返済する場合、保証料は60万円以上かかる計算になります。

なぜかというと繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

1度組んだ住宅ローンを他のローンにする住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換えする時も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換え審査が通らないこともあるんです。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければ転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は気をつける必要があります。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンを新たに利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

年収は変わっていないのに以前よりもローン返済額が増えていると審査で引っかかる可能性があります。

住宅ローンを選ぶ際に重要なことがあります。

例としては、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと繰上げ返済を早く進めれば進めるほど元本や利息が少なくなっていきます。

結果として総支払額が低くなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをインターネットで行えることや返済可能額が一円以上だと行いやすいですよね。

最も気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで生活が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを検討するときも繰上げ返済は重要です。

住宅を購入する際に住宅ローン控除の適用を受けたいですが実は住宅ローン借り換え後でも要件を満たしていれば利用できるんです。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初年度に住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという2つです。

基本的に借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

住宅ローン借り換え相談こちら!審査甘い銀行は?【金利安い】
ニュースにもなったことで多くの方がご存知だと思いますが2015年年明け早々フラット35の金利が史上最低を更新しました。これだけ金利が低くなると借り換えはかなり現実的な選択となります。住宅ローン借り換えを今行うことでかなりの節約効果が期待できるからです。とはいっても、新しく住宅ローンを借り入れるのはなかなか難しい問題であることは間違いありません。まずは、こういったサイトで住宅ローン借り換え相談をしてみてはいかがでしょうか?http://www.homeloankarikaesoudan.com/